在北欧・欧州 日本人研究者交流会(Networking Meeting for Japanese researchers in the Nordics and Europe)

Loading Events

« All Events

  • This event has passed.

February 16

JSPSストックホルムセンターでは、分野や所属の垣根を超えた日本人研究者の緩やかなネットワーク促進を目的として、研究者ネットワーク交流を開催しております。

 今年度はストックホルムでの第1回目開催に続き、第2回目をスウェーデン・ウプサラにて以下のとおり対面開催いたします!

北欧・バルト三国地域の皆様はもちろん、その他欧州地域の皆様にもご参加いただけます。

プログラムの詳細は以下をご覧ください。皆様のご参加、お待ちしております!

参加登録フォームはこちら(要事前登録2/12〆)

 

<日時> 

2024216日(金)10:30-15:30(予定)

 

<開催場所> 

ウプサラ城

https://destinationuppsala.se/activities/uppsala-slott/

 

<プログラム予定>
10:30     受付開始
11:00–11:10  開会、文部科学省・JSPS挨拶
11:10–12:00  グループディスカッション(自己紹介含む)
12:00–12:55  ネットワーキングランチ
12:55–13:00  駐スウェーデン日本国大使挨拶
13:00–13:50  基調講演
「2023年ノーベル経済学賞に学ぶ~男女賃金格差問題の本質~」奥山陽子さん(ウプサラ大学)
13:50–14:20  休憩(お散歩・自由散策)
14:20–14:40  経験をかたる
「夢と現実の間で:ヨーロッパでの共働き研究者としての挑戦」小黒安藤麻美さん(エクセター大学)
14:40–15:00  休憩
15:00-15:30  ディスカッション(まとめ)
15:30     閉会

 

<登壇者紹介>

 

・奥山陽子さん(ウプサラ大学)

2012年東京大学経済学部卒業。同大大学院経済学研究科修士課程を経て、米エール大学にて経済学博士号を取得。2020年9月より現職。専門は実証政治経済学、労働経済学。ジェンダー格差の実証研究。趣味は食べること、ピラティスとチェス。

 

小黒-安藤麻美(Asami Oguro-Ando)さん(エクセター大学/東京理科大学)

埼玉県所沢市出身。イギリス・エクセター大学医学部・講師(神経生物学)。大学までは物理学科で理論素粒子物理学を学んでいたが、大学院から生命科学分野へ移り、2008年に東京大学で博士号取得。博士号取得後はアメリカ・カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)にて、4年ほど研究員として自閉症候補遺伝子の機能解析に取り組み、その後はユトレヒト大学医学センター(UMC Utrecht)にて3年ほど、別の自閉症候補遺伝子の研究を行った。2016年より現職に就き、小黒—安藤研究室を主宰し、発達脳科学や精神疾患の研究を進めている。

 

<使用言語>

・日本語

 

<対象者>

・北欧、バルト三国及び欧州の大学/研究機関/企業で活動中の研究の方、講師の方、事務職員の方、将来研究職に就きたいと考えている方(学部、修士課程、博士課程学生)

(分野、所属、JSPS助成採用歴等は問いません。)

 

<定員・参加費>

定員なし・参加費無料

 

<参加登録>

https://forms.office.com/r/A0NVWDLNXt

2/12(月)〆切

 

<備考>

・オンライン・ハイブリッド型ではなく、対面での開催となります。

・小さなお子様連れでのご参加も大歓迎です。 託児所等はございませんが、お隣に座って参加いただけます。

 

<主催> 

JSPSストックホルム研究連絡センター

sto-info@overseas.jsps.go.jp

 

<共催> 

九州大学ストックホルム・リエゾンオフィス

東海大学ヨーロッパ学術センター

 

<企画者紹介>

・林寛平(ウプサラ大学)

スウェーデンの教育を研究しています。食いしん坊なのでみなさんと和食トークがしたいです(特に豚バラ入手方法について)。

・浅見ヨハンソン由紀子(イェーブレ大学)

ウプサラから北上96キロのイェーブレ大学で、数学教育研究と数学教員養成に関わっています。ムーミンの愛読者です。

・島利美保(カロリンスカ研究所)

博士課程に在籍していて、専門は循環器薬理生理学です。最近はもっぱら読書にはまっています。

諸岡倫子(スウェーデン宇宙物理学研究所)

太陽系のあちこちに飛ばした人口衛星のデータを使って地球や惑星の大気循環を考えています。研究生活で今まで移住した地では全て雪が降ります。

 

 

2023年度第1回@ストックホルム開催の様子はこちら

 

Details

Date:
February 16
Event Category:

Venue

Uppsala Castle