ストックホルム生活情報(仮)

・ストックホルムへの出張/長期滞在(1~2年)時における生活情報をご参考までにご紹介します。
・本ページの情報は当センター職員が体験した断片的な個別事例を中心に掲載していますので、必ずしも正確かつ一般的・網羅的な情報ではない場合があります。
・そのため、本ページの掲載情報により万一不利益が生じた場合においても当センターでは責任を負いかねますので、あらかじめご了承願います。



ホテル

カロリンスカ研究所付近の主なホテルにはどのようなところがありますか?

・カロリンスカ研究所(市北部)付近の主なホテルにはエリートホテルカロライナタワーエリートパレスホテルブリックバイノビスなどがあります。 

・アメニティとして、歯ブラシ・歯磨き粉・バスローブ(浴衣)は用意されていない場合があるので、事前にホテルへ確認又は日本から持参されることをお勧めします。

・Wi-fiは概ね完備されているほか、フィットネスルームが併設されているホテルが多くあります。


スマートフォン

◆ スマートフォンは現地到着後にすぐ使用できますか?

・出張の場合、空港やホテルはフリーWi-Fiが飛んでいますが、やはり海外旅行用のWi-Fiが楽だと思います。

・長期滞在の場合は、日本からSIMフリーのスマホを持参し、現地到着後にコンビニなどでSIMカード(comviqteliaなど)を購入すれば、その日からスウェーデンの携帯番号を持つことができます。


クレジットカード

◆ お金はどのように持って行った方がいいでしょうか?

・クレジットカードは必須です。店頭での支払いは全てクレジットカードです。現金を使用しなければならないケースは原則ありません。むしろ現金を使用できない場合がほとんどです。

・日本でクレジットカードをあまり利用されていない方は、渡航前に暗証番号を確認しておくとともに、紛失に備えて複数枚持参されることをお勧めします。

・1年間滞在していましたが、現金は5000円くらいしか使いませんでした。(2019)


言葉

◆ スウェーデン語ができませんが、英語はどれくらい通じますか?

・基本的にどこでも英語が通じます。ただし、街中の案内表示やスーパーの商品表示等はスウェーデン語のみの場合が多いです(英語併記の場合もあります)。

・スウェーデン語が分からない場合は、スマホのカメラをかざしてGoogle翻訳などで日本語表示して理解しています。


日本食

◆ 日本食が恋しくなった場合、すぐに食べられますか?

・市内に日本食スーパーやアジアンスーパーがあり、お米や納豆など日本食を購入することができます。

・寿司レストランは市内至るところにあります。また、ラーメン屋さんなどもあります。


服装

◆ 防寒のために服装はどのように用意したらよいでしょうか

・冬でも屋内はセントラルヒーティングで暖かい場所がほとんどです。脱ぎ着がしやすいように、アウターで防寒することがおすすめです。

・首、手先、足先を冷やさないように、マフラー、手袋、暖かく濡れにくい靴を用意しておくと良いです。さらに、耳当て・帽子もあるとベターです。


生活用品

◆ 日本から持っていく方が良い生活用品はありますか?

・日本よりは若干高いですが、大体のものは購入できます。

・常備薬は持ってきた方が良いです。また、スウェーデンに限らないようですが、食品を保存するためのラップは日本から持ってくると良いです。

・もちろんIKEAがありますが、やや郊外にあります。ストックホルム市内にある日用雑貨店としては、Clas OhlsonGRANITH&M HOMEなどがあります。


テレビ・ラジオ

◆ 現地で日本のテレビを見ることはできますか?

日テレNews24Japan news24などはインターネット環境にあれば会員登録なしで視聴可能です。また、VPN契約をすれば日本の動画配信サービス等も見ることができます。

・スウェーデン公共放送のスウェーデン・テレビ、民間放送局TV4スウェーデン・ラジオは日本からも一部インターネットで視聴可能です。


交通案内アプリ

◆ ストックホルム市内の交通案内アプリなどはありますか?

・ストックホルム市内を移動する際には、交通案内アプリのRes i STHLMが便利です。


賃貸住宅探し

◆ 長期滞在するにあたって、賃貸住宅はどのように探しましたか?

・賃貸仲介会社があまりないため、賃貸サイト(qasaなど)で探して、気に入った物件の大家さんと個人契約を交わします。